久々に

これを書いているのは2020年1月で、僕は来年から博士課程2年生になる。

 

2019年は忘れられない年になった。

 

前の記事で、僕は好きな人のことについて言及していたが、何と現在その人と特別な関係になっているのだ。

自分でも信じられないし、奇跡的だと思う。

多くのことはここに記さないが、素直になるのが一番だし、後悔もないのだということを改めて認識させられたように思える。もちろん、人の迷惑にならないとか、怖がらせないとかは気をつけなくてはいけないが。

 

研究の方はどうかというと、2019年は3回学会発表をした。国際学会にも初めて行った。

でも好きな人のことを四六時中考えていたし、使い物にならない日も多かった。あとは、別の学問の本を読んだりすることに随分時間を費やしてしまった。

 

僕はコンピュータシミュレーションを研究手法として、ざっくりいうと理論物理の研究をしているのだが、頭が悪すぎるし興味も移ろいがちなので、純粋な科学の研究は向いてないなということをいよいよ認めざるを得なくなった。使っているコードが難しすぎて嫌になってきているというのもある。

4年生で研究を始めて、院から研究分野を変更し今に至るが、これまでに何度別の研究をすればよかったと思ったことか。実験するのがいいとか、記憶に関する研究がしたいとか、教育学がいいとか、心理学がいいとか、哲学がいいとか、社会学がいいとか、もう多岐にわたりすぎて収拾がつかない。どの分野に行ったところで僕は必ず飽きて他のことをしたくなってしまう。これはもう性分なのだと思う。

今の研究は嫌いではない。でも辛く思うことが多くなってきて、毎晩お酒を飲んでいるし、朝は起きられなくてどんどん夜型になっている。最低限のこと、セミナーとか輪講とか計算とかはやっていて、一日6時間以上作業をしているけど、知的な喜びとかがあまりない。これで博士課程を修了できる気が全くしない。

かといって、就職しても後悔すると思う。選べる立場ではないのはわかっているが、仕事についたらついたで、今度は研究室を想起して激しく焦がれるだろうと予想できる。

僕はどうしたらいいのだろう。

唯一の救いは、春の学会のプログラムを見たら、面白そうなものがいっぱいあって、研究テーマをもし変える場合にアイデア出しの助けになってくれそうだということだ。これまでは純粋な科学の探求をしてきたけど、学際的な研究もやってみたいなと今は思っている。

とにかく、今は興味のある学問について知識を蓄えよう。それがこれからの僕を助けてくれると信じよう。